容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

短期レンジ相場の天井が見えてきます。

  1. 2009/01/31(土) 00:33:05|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

朝の取引のオープンはGBP/JPYが一時安値131.16円まで下落し、その後134.34円まで買い戻され、下げ三法を示して珍しいローソク足を形成しました。

1時間足のローソクチャートから判断してみると、下降トレンドが長く続いてから、交互に並ぶ小陽線と陰線の終値の高値が揃った毛抜き天井で、過去2時間前までに酒田五法のヘッドアンドショルダーのような足があります。

あいかわらず、長期移動平均線を底に低い水準でもみ合いしていますが、少し前に値足がデッドクロスしたことで、長中期BOX相場の上限が視野に入ってきます。

再び終値がデッドクロスしたことで、短期レンジ相場の天井が見えてきます

昨日までの結果を思うと、このチャートは勢いでオーダーだと。

スローストキャスティクスを見ると、50%より上で陽転しているので、陽転して、すぐに出たチャートの始値がエントリーのタイミングです。

このチャートは勢いでオーダーだと。

強引に天井を意識して、損失になるような持ち玉にだけはならないように注意します。

長中期BOX相場の底値が視野に入ってきます。

  1. 2009/01/21(水) 06:33:18|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

昨日のエントリーのユーロ相場は119.54円の売り価格で、かなり売られ過ぎで売り優勢の感がありました。

日足のローソクチャートから考えてみると、明らかな上昇トレンドが長く続いてから、前の終値近辺で落ち着いた出会い線で、過去5時間前までに酒田五法で言うところの下げ三法らしきチャートが見えます。

あいかわらず、ボリンジャーバンドの+2σをレジスタンスラインに高い価格帯で移動していましたが、少し前にローソク足が陽転したことで、短いボックス相場の下値が見えてきます。

あいかわらず、20SMAを天井に高い水準で推移していましたがローソク足がゴールデンクロスしたことで、長中期BOX相場の底値が視野に入ってきます。

SMAから予測してみるとはっきりと下げ状態にあります。

20日移動平均線より10日平均線が上で維持しており、どちらの平均線も激しい上げ基調です。

過去の成績から考えると、売買するべきか迷いどころです。

ストキャスを見ると、売られ過ぎ圏は推移し、さらに上値を試す機会が予測できます。

この相場はあれこれ悩まず売買をしてOKだと思いました。

この後以降の相場の値動きは細心の注意が必要です。

FX会社に自動決済されないようにポジションをキープしていきます。

  1. 2009/01/19(月) 23:33:21|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

昨日の取引のオープンは米ドル/円が一時90.94円まで下落し、かなり買い時の感がありました。

20SMAをレジスタンスに高い水準で推移していましたが、ローソク足がゴールデンクロスしたことでレジスタンスを維持できるか注意が必要です。

少し前に新値足がゴールデンクロスしたことで、中期BOX相場の底値が見えてきます。

単移動平均で兆候を見てみると暴騰状況と見受けられます。

50日平均より短期平均線が下部で移動していて、短期平均線ははっきりとした下降傾向で、50日平均は緩やかな上昇気味です

取引の結果から考えると、エントリーした方が良いかどうか悩んでしまいます

ボリンジャーバンドは-3σ圏に突き抜けたものの、一目均衡表の遅行線の支持線によって勢いが無くなった感がありそうです

そのときは強気でエントリーをしていってみようと思います。

チャートのウォッチだけは堅実にやって、FX会社に自動決済されないようにポジションをキープしていきます。

取引すべきかどうか悩んでしまいます。

  1. 2009/01/16(金) 06:33:03|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

昨日のオープンはユーロが一時0円まで下落し、やや買われ過ぎな気がしました。

再びローソク足がゴールデンクロスしたことでレジスタンスを下回るか注目です。

再び値足がゴールデンクロスしたことで、中期レンジ相場の下限が視野に入ってきます。

移動平均線から判断してみると激しい上昇と読めます。

50日平均より5日平均線が下部で推移しており、5日平均線は激しい下げ気味で、50日平均は上げ気味です。

取引の経緯から考慮すると、取引すべきかどうか悩んでしまいます

スローストキャスティクスから予想すると、50%以下の価格帯でSDが%Kをクロスする間際で、陰転が目前です。

この相場は心配せずに取引をしてみようと思いました。

昨日のユーロはそうとう判断がし辛いのでしばらくは注意が必要なマーケットになりそうです。

過去3時間以内に酒田五法で言うところの三法の傾向があります。

  1. 2009/01/04(日) 10:33:18|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

前の取引のエントリーはユーロ/円が一時116.78円まで下落し、その後は116.78円まで買い戻され、ロング有利のマーケットとなりました。

少し前に新値足が陰転したことで支持線を突破するか慎重になっています。

30分足のローソクチャートから考慮してみると、激しい下降トレンドがしばらく続いた後、小さい陽線と大陰線が交互に並ぶ毛抜きで、過去3時間以内に酒田五法で言うところの三法の傾向があります。

移動平均線で傾向を確認してみると激しい暴騰と見受けられます。

10日移動平均線が30日平均より上で移動していて、10日移動平均線は上昇傾向で、30日平均は下降トレンドです。

過去の成績から判断すると、売買するべきかどうか悩んでしまいます。

ストキャスティクスから考えると、50%以上の価格帯で%Dが%Kを交差する間際で、ゴールデンクロスの可能性が高そうです。

こういう相場は悩まず売買でいってみようと思います。

ひきつづき、一目均衡表の基準線をサポートラインに安い水準で推移していましたが、少し前に値足がデッドクロスしたことで、短いBOX相場の天井が視野に入ってきます

上限を狙い過ぎて、含み損になるような持ち玉にはならないように注意したいと思います。

DTIブログって?

次のページ