容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

底値から奪還

  1. 2010/03/23(火) 12:12:13|
  2. FX|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

コーンFRB副議長に続いてバーナンキFRB議長もマーケットの混乱に配慮する意向を示したことを背景に、米追加利息低下予測も高まっていることに加えて、サブプライム問題の終息予測も高まっており、米リセッション入りは回避できるとの楽観的な見方が浮上してきている。マーケットのセンチメント、株価、ドル相場は、先週水曜日がしばらくのボトムだった可能性が高いだろう。

先週発表された米ISM製造業や非製造業市況指標、雇用統計が強い数字となったことから、US市況は予測以上に堅実、しばらくは利息据え置きとの見方が優勢となっている。FF利息先物から見た年内の利息低下確率は、一時の3割から1割以下まで下降し、早期利息低下の見通しは大きく後退した。一時5%を割り込んでいた長スパン利息も週末には5.2%近くまで持ち直してきた。一方インフレは落ち着いており、緩やかな利息上昇と株高の共存が可能となっている。

スイス/円が節目

  1. 2010/02/17(水) 20:38:51|
  2. FX|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

しかし、大型連休中の薄商いの中、スイス/円が節目の90.00円を割り込み、円独歩高となる可能性がないとはいい切れず、下値警戒は怠らないようにしたい。また、連休明けは中間期末が意識され、本邦実需筋の駆け込み的な売りが考えられるほか、「日本版本国投資法(HIA)」を利用した多国籍会社の利益送金などリパトリの円ロングが強まる可能性も払拭できないことから、バイアスはやや強気としたい。

また、昨年他行と合同により蘭ABNアムロを買収したことが重荷となり、経営が悪化していた南アファイナンス大手フォルティスは、ファイナンス不安の高まりを防ぐためにベルギー・オランダ・ルクセンブルクの当局が同社の各国法人に出資し、事実上国有化することを決定した。仮にファイナンス不安が一段落するようなら、マーケットの関心はファンダメンタルズ、特にUSの市況悪化不安に向かう可能性が高いだろう。

朝のECB利息上昇で材料出尽くし市況感となっている上、USの利息低下見通しが後退していることから、弱含みの状況となりそうだ。トリシェ総裁は会見でインフレに対するスタイルを「弱い警戒」から「注意深く監視」という表現に緩和しており、利息上昇打ち止めとまではいえないものの、次回の利息上昇スケジュールは白紙との見方が弱まっている。

FX初心者の取引 12月22日

  1. 2009/12/22(火) 07:49:24|
  2. FX|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
ユーロは昨日に下値固め成功しました。


売り一巡後はすーっとあたま手前まで切り返し、現在のところ予想不可能な揺れが続いています。


来週は政策金利の発表のためチャートが読みにくく、フランにシフトチェンジするかもです。


通貨には気をつけながら、もっと、上昇買いで流します。


外為を始めるには、まずはFX口座開設から始めましょう。

スキャルピングの方が良い?

  1. 2009/11/26(木) 10:51:54|
  2. FX|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
スイスフランは今日から窓を空けてのスタートとなると一気にレジスタンスラインまで暴騰しました。


結局のところまだ、窓は空いてなくて、下値を目指し、後半は買いに勝ちやすい曲線です。


勢いが堅い中での下手に米ドルは勝ちやすいのでスキャルピングに路線変更しました。


今日のような相場は、暴騰相場の事例なので、下値に傾倒することなく、南アランドに予測しやすい為替ですね。


スプレッドの比較はとても大切です。取引する通貨、数量などに応じてスプレッドの狭いFX会社を使い分けることで、取引コストはずいぶんと下がり、利益が出しやすくなります。

スイスフラン円

  1. 2009/11/09(月) 14:51:49|
  2. FX|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
午前のスイスフラン円は、上限を指しただった筈なのに、下値にぶちあたって、右肩上がりになってきました。


しかし、買い一巡後はすーっと上限手前まで戻し、現在の状況では予測できない揺れが続いています。


今夜には為替指標の発表のため流れが予想しにくく、短期売買に乗換えする予定です。


なんとも言えないがポジション解消の気分が強くなっていることは明らかで、ユーロはもう一度売りあたまが強まる意思はあるでしょう。


DTIブログって?

次のページ